国際的に偉大な企業の求人ログ@igc2012

International Great Concern(国際的に偉大な企業)の求人を探し求めて2012年頃から記事を執筆しています。

翻訳のフリーランスは超お得!?稼ぎ方を大公開


「翻訳者はフリーランスが多い」
こんなことがよく言われていますし、私も同感です。

とはいえ、

  • 翻訳者のフリーランスになるためにはどうすればいいかわからない
  • 未経験でも翻訳者になれるの?

という方も多いかと思います。

そこでこの記事ではそんな翻訳者に関してのお悩みを解決します。

具体的には、

  • 翻訳者の具体的な仕事内容
  • 未経験でもフリーランスの翻訳者にはなれるのか
  • 求められる能力
  • フリーランス翻訳者の年収・メリット、デメリット

の順番に重要なポイントを解決いたします。

翻訳者になりたい方やフリーランスに転向しようと考えている方は是非とも参考にしてみてくださいね。

 

 

 

そもそも翻訳ってどんな仕事なの?


翻訳とは外国語で書かれた様々なジャンルの文章を相手にうまく伝わるように日本語にする言葉の専門家のことを指します。言葉の正確さはもちろんのこと、伝わりやすいように言葉のチョイスを工夫する必要もあります。

翻訳家にも大きく分けて3つの種類があり、実務翻訳・文芸翻訳・映像翻訳の3種類に大きく分けられるのです。またそれぞれに特徴がありますので、順番にポイントだけ解説していきます。

まず実務翻訳ですが、翻訳の仕事の大半がこの実務翻訳と言われています。これから始める人やフリーの仕事を行うにあたってもまずは、実務翻訳から始めることになるでしょう。

実務翻訳はIT、金融、医療など様々な分野における論文、特許情報、マニュアルなどを正確に翻訳する仕事です。分野によっては新しく発表する論文は英語での執筆が義務付けられていることもあるため、重要度は年々増してきています。

文章自体も専門用語も多く、固く難しい翻訳が多くなります。そのため正確な翻訳はもちろんのこと、翻訳する分野での専門知識をある程度もっているとフリーでも仕事を獲得しやすくなることもあります。

文芸翻訳は雑誌や本、歌詞などの文芸作品全般の翻訳です。こちらの翻訳で重視されるのは翻訳の精度よりも作品の雰囲気を感じ取れるような翻訳が求められます。そのため、英語力だけではなく高い日本語能力が求められます。

映像翻訳は、映画やドラマの翻訳を行い字幕を作るのが仕事です。文字を読むスピードや翻訳先のスラングなどを正確に理解しておく必要があるでしょう。他にも監督を始めとして様々な人の推敲が入ります。

作品の雰囲気を感じ取れるような翻訳を行いつつ、限られた文字数の中で伝わるように翻訳をする必要があります。正確さと上手な翻訳を同時にこなすことが求められます。難易度は高いですが、それだけ魅力的な仕事とも言えるでしょう。

 

フリーランスの翻訳家って未経験でもなれるの?

まずは実績を作りましょう。

翻訳者には未経験でもなれますが、翻訳の世界はどのような翻訳を行ってきたかという経験・実績が評価される世界です。しかしながら翻訳の需要は上昇していることから未経験OKの仕事や求人も登場してきています。

翻訳の仕事を受けるには「翻訳実績表」という職務経歴書に近いもので判断することが多いです。そのため「翻訳実績表」をまずは作るために実績を積むことが大切になってきます。

具体的には未経験OKの求人に応募をするケースか単価は低くなりますがクラウドソーシングで、未経験OKの仕事もしくは翻訳周りの誤字脱字のチェックなどからはじめて実績を重ねて行くことが一番の近道です。

 

経験がある場合は積極的にアピール

もしも大学時代や会社員時代に翻訳をしていたあるいは、TOIECや留学経験などがある場合は積極的にアピールしましょう。研究室で論文の翻訳をしていた場合などは、その分野での論文翻訳の仕事を未経験OKでも十分獲得できる可能性があります。

外資系の会社に勤めていたことなども十分にフリーランスとして活躍していける武器になります。翻訳は社員よりもフリーランスの方が比較的多い業種の一つのため、フリーランスになるのはそこまで難しくは無いでしょう。

まずは実績を作ること、そして何かしらの資格や経験がある場合は積極的にアピールすると効果的です。

 

仲介エージェントなどを使用する

ある程度の実績を作った際にはクラウドソーシング以外からも直接依頼がかかることもあるかもしれません。実績ができると仕事には困らないでしょう。しかし、新しい分野の翻訳に挑戦したい際などは仲介エージェントを活用しましょう。

自分で直接営業を掛けることもできますが、エージェントを活用することで求人に載っていないような仕事も受注することができるでしょう。幅を広げたいときやより難しい案件などに挑戦したいときには活用すると良いでしょう。

 

フリーランスの翻訳家にはどのような能力が求められる?

日本語力

翻訳者に求められるのはまずは前提となる語学力でしょう。やはり翻訳先の原文を正確に翻訳することが翻訳の仕事です。何よりもまずは語学力のベースが翻訳の基本中の基本と言ってもいいでしょう。

そして日本語力の絶対的に必要になってきます。原文を正しく伝えるためには日本語の語彙力や表現方法も知っておき使いこなせるようになる必要があります。文芸翻訳などは雰囲気を表現するにはかなりの日本語力も必要になってきます。

翻訳には翻訳先の言語だけではなく、日本語で表現する必要もあり正確な表現には高度な日本語力が大切なのです。

 

細かな気遣い

翻訳は正しい意味を正確に翻訳することが仕事です。しかし、何もストレートに訳せばいいという訳ではありません。直訳して相手に伝わる場合とそうでない場合もあるでしょう。むしろ直訳では伝わらないことのほうが多いかもしれません。

翻訳で大切なことは相手に正確に伝わることであり、相手に伝わらなければ正確に訳したところで意味は無いのです。そのため相手の視点に立ち、自然で読みやすい翻訳をすることが大切です。

自然な翻訳をする際に技術的な面や語学力で苦手な技能はいつか出てくるでしょう。苦手な技能は上手に補っていくことが肝心です。

 

専門的知識

翻訳をするに当たり専門知識は重要です。この専門知識があるかどうかで翻訳の精度も大幅に異なってくるため、最重要課題と行ってもいいでしょう。単語一つにしても業界ごとに意味が異なることがあるため、知識がない場合は誤った翻訳をすることになります。

もちろん間違った翻訳などはできませんから、専門用語などもしっかりと把握しておくことは翻訳者として生命線です。しかしながらそうは言ってもわからない単語や翻訳した際に意味が通じないなんてことは日常茶飯事です。

そのう言った際のリカバリーも翻訳者としては身につけておきたいスキルです。わからないことがあった場合は早く、正確に調べることが重要です。一番は専門辞書ですが、ネットでも調べ方次第で目的の情報を早く調べることができます。

翻訳する分野の専門知識や最新の情報、そしてそれらをすばやく調べる調査力などは是非とも身につけておきたいスキルです。

 

フリーランスの仕事の収入はどのくらい?


フリーランスの翻訳者の収入は主に担当する分野によっても異なりますが、日本翻訳連盟が示している翻訳料金の目安だと、特許などの分野では英日翻訳は1単語26円、日英和訳ですと30円。科学分野では英日翻訳は28円、日英和訳は21円となっています。

またクラウドソーシング経由の場合はこの価格よりも低い価格で翻訳をするケースも多いです。フリーランスの年収は幅広く年収は200万~1,000万円クラスまで、翻訳のジャンルや案件数などのよっても大幅に変わってきます。

 

フリーランスの単価を上げるには?

複数の仕事をこなす

まず一番の方法は、複数の案件をこなし実績を積み上げることが何よりも重要です。実績を積みかせないことには単価の交渉もあまり上手くは進みません。

複数の案件をこなし、翻訳の正確さに加えてスピードも磨くとより高い単価の案件も受注できます。

 

クラウドソーシングで単価交渉をする

クラウドソーシングで長く付き合っているクライアントさんがいる場合は単価の交渉をするのもありです。

クライアント側も優秀な翻訳者は逃したくないため、交渉にもスムーズに応じてくれるでしょう。積極的に交渉しましょう。

 

フリーランスで翻訳者をするメリット・デメリット

フリーランスで翻訳家として働くメリットとは

フリーランスで翻訳者をやるメリットは自分で時間をコントロールできることにあります。

締切までの時間を逆算しつつ、自分のペースで仕事ができるため子供の送り迎えなどを始め病気になったときなども時間をずらして仕事ができます。

 

フリーランスで翻訳家として働くデメリットとは

デメリットは自分のペースで仕事ができる関係上、自由な点と孤独な点が挙げられるでしょう。フリーランスは自由であるがゆえに自己責任が強い傾向にあります。スケジュールなどを自分で調整しないと仕事は上手にマネジメントできません。

また、チームで行うということも少なくなります。特に在宅ワークになる場合は自宅で自分一人で仕事をする環境が多くなります。職場の環境とは大きく異なるため、協力して何かを成し遂げることは難しくなるでしょう。

 

まとめ

ここまでフリーランスの翻訳者になるための条件や具体的な年収などを解説してきました。在宅ワークの中でも翻訳者は稼げる仕事ですし、フリーランスがメジャーな働き方です。自分自身がスキルアップするにつれて報酬も確実に上がっていきます。

専門分野の知識や業界の動向などのチェックは欠かせないですが、それらを調べつつ相手に伝わるように翻訳をする。大変なことは間違いないですが、その分やりがいなどもあるでしょう。

フリーランスになることで、自分のペースを維持できるのも翻訳者の魅力とも言えます。自分自身で仕事を管理できる方ならばフリーランスは向いているでしょう。まずは自分の専門分野を作り、実績を積み重ねて確実に報酬を上げていきましょう。