国際的に偉大な企業の求人ログ@igc2012

International Great Concern(国際的に偉大な企業)の求人を探し求めて2012年頃から記事を執筆しています。

転職前に必見!スポーツメーカー の仕事内容や募集職種をご紹介


スポーツメーカーは自分が学生のころに運動をしていた方、また今何かしらスポーツを行っている方にはなじみ深い業界です。

アスリートを陰から支えたり、世の中のスポーツの発展に一躍買ったりととても夢のある仕事という印象を持つ方が多いです。 日本のスポーツメーカーは少子化や文化系も含めた部活の多様化等も背景に、市場規模だけで見ると必ずしも順調と言える状況ではない一方、世界的に有名なスポーツメーカーになるとグローバルに活躍するチャンスも多く、働く環境としても夢のある業種と言えます。

今回はそうしたスポーツメーカーを転職先として検討する場合の業界の特徴や実際に転職する場合の対策やポイントについて説明します。これからスポーツメーカーへの転職を検討する人は、是非参考にしてみてください。

 

スポーツメーカー業界を取り巻く環境とは?


スポーツメーカーですが、現時点では市場規模は継続的に年あたり数%の程度の伸びを見せており、「現時点では」堅調な部類に入る市場と言えます。健康志向の流れの中で、「軽い運動」をする層が順調に拡大していることが要因です。

一方で、中長期的な目線で見ると、少子化の影響により先細りに転じる可能性が高いとの予測が出ています。かつては、「学生時代は体育会系の部活」に入るという風潮が強かったですが、近年は学校の部活やクラブも多様化の傾向にあり、一概に皆がスポーツをやるという状況ではなくなってきています。まだ市場縮小には波及していないですが、集団競技やゴルフなどの競技人口が減少傾向に転じつつある状況が、スポーツメーカーの順調とは言えない先行きを示唆しています。

また、近年の若年層のイメージする「スポーツメーカー」として、「ナイキ」や「アディダス」など海外メーカーが挙げられがちであるように、外資系のメーカーに押されつつあるという競合環境もあります。

このような市場環境・見通しの中、日本の大手スポーツメーカーは海外に販路を広げようとする動きが積極的に見られます。このような状況下で求められる人材としては、後段で詳細を説明しますが、スポーツの魅力を伝えて、市場拡大に貢献できる人、そして、グローバル志向が強く、海外での販路拡大に貢献できる人がイメージされます。まだ市場縮小に至っていない今のうちに、このような積極性の高い人材を確保しようと、各スポーツメーカーは採用活動を積極的に行っています。

 

転職を考える前にスポーツ用品メーカーの仕事内容について知りたい!


続いては、スポーツメーカーの仕事内容についていくつか紹介します。細分化すると多様な職種がありますが、大まかに分けて、次の3職種に分類されます。

 

①接客販売

スポーツメーカーの場合、直営店を設けていて一般消費者に直接販売を行う部門を設けている企業が多いです。直営店で実際に自社のスポーツ用品を販売する仕事を担うのがこの「接客販売」となります。

販売スタイルは企業により、また企業の扱う商品により様々ですが、一般的には、お客様に接客しながら、ニーズに合った商品を案内し、実際に販売につなげ・収益貢献していくというものです。

また、商品・グレードによってはよりオーダーメイド性の強いものあります。俗に「特注」と呼ばれているものです。この場合は完全受注や一定のラインナップの中からカスタマイズしていく形になりますが、顧客のニーズをまず拾い上げて、商品開発や製造の向上などに注文を出し、ニーズに合った製品を作ってもらったうえで、それを注文した顧客に販売していきます。

ここまでがベーシックな仕事内容ですが、そのほか商品に関して、或いは企業に関して全般的なお客様からのご意見やニーズを吸い上げて、販促企画や商品開発などにフィードバックする役割も担っていることが多いです。

 

②販促企画

企業によってはマーケティング職などと呼ばれている場合もあります。自社の商品販路の維持・拡大を担う職種です。前述の通り足元はグローバルに販路拡大を追求している企業も多く、その場合は海外専門のマーケティング部門があったりする企業もあります。

販促活動としては具体的にはカタログや広告を制作したり、また大手では広告代理店と協働してCMの作成を行うなど、各種基本的なプロモーション活動を行います。その他、新商品が出る場合は、プロモーションイベントを企画・運営したりすることもあります。もちろんグローバル展開を考える場合は、これら販促活動全般を海外で行います。もちろんその際の交渉や、作成する広告物・イベントは英語や現地の言語で実施されます。

企画については、上記のイベントの企画に携わったり、現場から吸い上げられた顧客の意見・ニーズなどを基に今後の商品ラインナップや販売戦略を構築します。新商品の立ち上げを検討する場合は、必要に応じて、接客販売・商品開発と協働しながら構築していきます。

販促企画の海外担当の人材は特に海外に出張したり、場合によっては駐在する機会が多いです。出張だけの人でも年に3~4回程度は海外出張が入るのが一般的です(もちろん企業により多い・少ないがあります)

 

③商品開発

商品開発は他の職種と比べて理系や美術系・デザイン系の素養や経験がある人が好まれる職種です。顧客のニーズを基に、またスポーツ工学を駆使し、新たな商品やオーダーメイド商品を設計・開発します。

試作品はスポーツ選手やモニタリングイベントの実施などを経て用具を実際に使ってもらって、意見集約を行って製品をブラッシュアップする、というような活動も行います。もちろん、商品開発を進める上では、企画や、現場である接客販売部門との折衝も、ベストな商品開発に向けては欠かせません。

研究職的、或いは職人的な素養と、潜在顧客と会話してスムーズに意見集約を行うコミュニケーション能力の両面が必要とされる職種です。

 

スポーツメーカーに求められる人物像とは?


スポーツメーカーは一部理系の専門職もあるものの、基本的には専門的な知識が必要とされる要素は少ない業種と言えます。

それよりも「スポーツが好き・発展させたい」というスポーツに対する熱意、もしくはグローバルで活躍したいと考えるハングリー精神の方が生きています。ここではスポーツメーカーで求められる人物像を紹介します。

 

①スポーツで好成績を収めた経歴を持つ人

これは「求められる」というより有利になる、というところですが、やはりスポーツで特異に秀でた成績を持っている方はそれだけでかなりアピールポイントになります。

勿論スポーツをやっていたことの「熱意」を合わせてアピールする必要はありますが、学生時代にインターハイに出ていた、実業団に入っていた、もっと言うとプロだった経験がある等、何かしらスポーツで好成績を収めた経験のある方はやはり有利になります。

転職する際に「そういえば自分学生時代に活躍したな」という人は改めてその点をアピールしてみるのも良いでしょう。

 

②スポーツが好きな人

スポーツで秀でた成績を上げたことがある人は、有利であることは間違いないですが、もちろん必須ではありません。

「スポーツが好き」というレベルでも充分スポーツメーカーが求める人物像に合致するでしょう。「好き」という場合は現在進行形で何かしらスポーツをやっていて、その経験と転職への思いをつなげられると応募先に好印象を抱かれます。

もし今なにもしていないという人は、学生時代に行っていたスポーツに関する経験を交えながら、スポーツ発展に対する思いなどをまとめるといいです。

 

③グローバルに活躍することができる人

複数回出てきている通り、近年のスポーツメーカーは海外での販路拡大に積極的です。

従いまして、グローバルに活躍できる素地のある人材は大手であればあるほど重宝されがちです。まずは英語ができるとと、「海外で働くことを厭わない、むしろ望んでいる」メンタルをもっていること、そして、何と言っても、異国の人とでもスムーズに会話・折衝・交渉が可能なコミュニケーション能力を持っている人が好まれます。

 

④専門知識が必要な開発職向きの人も

最後は理工系や美術系の学部出身であったり、前職も研究職やデザイン関連の仕事についていた人が有利となるポイントです。

スポーツメーカーには商品をスポーツ工学に基づいた形状に、そしてアスリートに好まれる魅力的なビジュアルにデザインする仕事があります。やはり理工系の学部出身者や、研究職に就いたことがある人が有利でしょう。

デザインについては美術系の学部出身者やデザイナー等の経験がある方が有利となることは言うまでもなく、これら特定の職種については、理工系・美術系の経験が強みとなります。
 

 

スポーツメーカーはスポーツ未経験でも大丈夫?


スポーツ未経験の人がスポーツメーカーに転職することは可能かどうかという問いですが、まずスポーツメーカーに転職するうえで「スポーツの成績が問われる」ということは特段無いと考えております。

スポーツで秀でた成績を持っている人が有利だったりすることがあるのはなぜかというと、「スポーツに深い経験がある人ほど、スポーツに対する興味の高さや熱い思いを持っており、かつそれを採用担当者に伝えやすい」という点があります。

裏を返せば「たとえ際立ったスポーツ経験がなくとも、自分なりのスポーツに対する思いを整理し、それを伝えることで、スポーツの経験値は(あるに越したことはありませんが)さほど重要ではなくなるということです。

その点を念頭に置くと、(あまりいないと思いますが)「スポーツをやったこともないし、興味もない」という方はあまりスポーツメーカーへの転職はお勧めできないというのが正直なところです。将来の顧客となりうる「スポーツをやる人を増やす」というのはスポーツメーカーの重要使命と言えます。そのうえではやはり、「スポーツが好き」というのは重要ファクターになるといわざるを得ません。

次に「スポーツは好きだが、特段やっていない」と感じている人は、まず自分がなぜスポーツが好きなのか思い返してみましょう。おそらく一定数の人は、学生時代などいつかのタイミングでスポーツをやっていた時期があるのではないでしょうか。特に多いのは、「高校までは体育会系の部活だったけど、その後特段何もしていない」という人です。こうした人は後段の「志望動機」の説明の仕方のところで詳細を書きますが、この学生時代のスポーツに対する思いを発展させて、スポーツに対する熱意を伝えるのは一案です。

また、思い返してみたけれど「自分は一切スポーツに関わったことがない」という人は、おそらくスポーツイベントやプロスポーツ、オリンピックなど何らかのきっかけで「見る・応援する側」でスポーツが好きになっている人だと思われます。その場合は、自分の興味があるスポーツを発展させる、という切り口からスポーツメーカーを志望するという整理の仕方があります。

いずれにしても、スポーツの経験が浅い人でも「スポーツが好きで、スポーツを発展させたい」その思いを実現する先としてスポーツメーカーを志望しているということを、採用担当者に伝えることで、スポーツ自体の経験値はそこまで重要ではなくなります。
 

 

スポーツメーカー転職ではココを押さえて!志望動機を作るポイント


スポーツメーカーの転職に向けては、志望動機の整理が重要になってきます。志望動機はもちろんどの業種の転職でも重要ですが、スポーツメーカーは特にスポーツに対する熱い思いを重視している傾向にあり、ほかの業種以上に「志望動機」は重要なファクターになります。

 

①スポーツメーカーで発揮できる才能のアピール

まずは、自身のスキルがスポーツメーカーに向いているというアピールですが、実は職種として専門知識や経験が特に要されるのは「商品開発」程度です。ここについてはスポーツ工学の履修経験やデザイン関連の経験が強みになります。前職が研究職だった人などもその経験を基にアピールすることができるでしょう。

それ以外については、ある程度スキル自体は一般的な業務スキルである程度対応可能であることが多いですが、接客販売であれば「営業」や「接客」の経験、販促についてはマーケティング部署、広告の経験、イベント運営の経験などがアピール材料になるでしょう。商品開発職以外を志望する方はまず、自分の志望職種と、現職の経験を照らし合わせて、アピール材料を集めて、整理したうえで、職務経歴書や面接の場でアピールしましょう。

尚、「○○のスポーツをやっていて、そのスポーツについては専門性が高い」というアピールは補助材料にはなりますが、プロ選手など余程の上級者でない限り、そこが「スキル面からアピール材料になる」ことは少ないです。

なぜなら、スポーツメーカーに従事してない状態でスポーツをやっていたからと言って、スポーツメーカーでの専門業務に大きく役立つほどの専門的スキルを身に着けることは稀だからです。スポーツの経験についてはむしろ、後段のスポーツの知識や関心、成し遂げたい目標の段で考えに説得力を持たせるために語るのが良いでしょう。

 

②スポーツへの関心や知識

「未経験でも大丈夫か」の章でも触れましたが、スポーツメーカーではスポーツへの関心・知識はとても重視されます。感覚的には学術的な知識というよりは、スポーツに対する熱意の方が大事な印象で、「知識」その熱意の高さを表すうえでの材料になるというところです。

スポーツ経験者については、そのスポーツの経験の深さと、そのスポーツを発展させたい、もしくは、スポーツ業界全体を発展させていきたいといった思いを自身の経験で具体性を持たせながら説明していくのが良いです。

また自分自身はスポーツの経験が特段無いという方は、なぜ自分スポーツに関心を持っているのか、プロスポーツが好きなのか、オリンピックで好きになったのか、各々のスポーツに関心を持っている理由を説明したうえで、自分なりのスポーツを発展させていきたい思い、そしてそこでスポーツメーカーに従事することで果たせる役割を説明しましょう。

 

③スポーツメーカーで成し遂げたい目標

成し遂げたい目標は、②について整理していけば自ずから見えてくるでしょう。自分は特定のスポーツを発展させたいのか、そもそもスポーツ人口を増やしたいのか、海外のスポーツ発展に寄与したいのか、はたまた日本に健康的な人を増やしたいのか、②で説明した自身の思いと自然につながるように、自分がスポーツメーカーで働くことで、スポーツにどのように寄与していきたいのかを説明しましょう。
 

 

スポーツメーカーへの志望動機の例文をあなただけに公開!


それでは、ここではスポーツメーカーにおける志望動機の例文を二つほど公開します。

一つは「学生時代に部活で好成績を収めた人」もう一つは「自身のスポーツ経験は薄いが、プロスポーツを通じて、スポーツに魅力を感じている人」の例文です。

 

①自身が部活で好成績を収めていた人の例文

私は学生時代ずっと野球に打ち込んできてました。高校時代には甲子園に出場したこともあり、一時はプロを目指している時期もありました。最終的にはプロ入りの夢はかなわず、大学卒業後は自動車メーカーの営業職に就きましたが、今でも草野球チームを立ち上げて、毎週のように野球を楽しんでいます。

社会人となって5年ほど経ちましたが、最近子供大人問わず「野球離れ」が噂されるようになってきています。元球児であり、いまでも野球が生活の一部となっている私としては寂しい限りで、なにか私自身が野球の発展に寄与する方法はないかと思うようになりました。

その中で、スポーツメーカーでの販売促進業務を通じて、新商品イベント等を通じて子供たちに野球のすばらしさを伝えられるようになるのではと考えるようになりました。その際、学生時代から私は貴社製品が素晴らしいと考えており愛用しておりましたので、「スポーツメーカーに転職するなら貴社に」と合わせて考えるようになりました。貴社の新商品の販売を通じて子供たちに野球を今以上に広められたらと考えております。
 

 

②自身はスポーツの経験があまりない人の場合

私自身はスポーツで特異な経験があるというわけではないですが、そのような私だからこそ、スポーツメーカーに転職したい理由があります。近年東京オリンピックの開催決定などを背景に様々なスポーツやアスリートが注目されていますが、私にとってスポーツはこれまで「観るもの」「応援するもの」に留まっていました。

一方で、少子高齢化社会を迎える日本にとって、人々の健康を増進するうえでは、スポーツのより一層の普及が大切であると考えています。すでに一定数の人は生涯スポーツを楽しんでいるものの、私のようにスポーツは「観るもの」でまだ日常に充分取り入れられていない人はたくさんいると考えております。

私は貴社の商品を今以上に多くの人々に好まれるような商品を企画し、また販促を行うことで、より多くの人々が日常にスポーツを積極的に取り入れるようになってほしいと願っております。そうすることで日本の人々の健康増進に寄与できればと考えております。貴社は数あるスポーツメーカーの中でも、ハイクオリティの製品を、より多くの人へ広め、同時にスポーツを広めようという強い信念を持っていると考えており、このような私の志望動機に最も合致する転職先であると考えております。

 

やっぱり気になる!スポーツメーカーの年収は?


スポーツメーカーの業界の平均年収は500万円台後半程度で、400万円台なかば程度が平均となる一般的なメーカー全体よりはやや高めの年収と言えます。海外赴任や出張などが多いこと等も平均年収をかさ上げしているようです。

一方、業界内のブレはあまり大きくないのが特徴で、最も高いシマノでも平均年収は800万円台程度です。参考までに、上位10社は以下の通りです。

1位シマノ826万9000円
2位アシックス728万470円
3位グローブライド688万4000円
4位ゴールドウイン638万420円
5位ミズノ611万2000円
6位遠藤製作所606万2507円
7位デサント600万8000円
8位ゼット548万7000円
9位マルマン533万7764円
10位ヨネックス510万7704円

スポーツの発展を担うという夢とやりがいがある職種でありながら、年収も一般的なメーカーより高めということで、スポーツメーカーは比較的人気の高い職種となっています。

 

まとめ

スポーツメーカーはもちろんスキルも重要ですが、スポーツを発展させたいという思いの強さがより重要になるという点が、ほかのメーカーとは一線を画すポイントと言えるでしょう。

自身のスポーツ経験や、スポーツの観戦経験などを基に、自分がスポーツをどうしていきたいという思いがあるのかを整理して、その思いを採用担当者にぶつけるといいでしょう。娯楽であり健康要素でもあるスポーツの発展を担うスポーツメーカーの仕事は、健康志向高まる現代社会においては重要度が高まっている業種と言えます。

スポーツメーカーへの転職を検討している方は是非この記事を参考にしてください。