国際的に偉大な企業の求人ログ@igc2012

※当ブログの全記事は、https://www.coper.work/に移転致しました。各記事をクリック頂いた際の移転先URLでこれまでと同じ内容をお読み頂く事ができます。 引き続きのご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

マッサージ師に転職するには?あなたの疑問に答えます!


皆さん、こんにちは。
 

 


あなたはマッサージ師と聞くと、具体的にどんな業務内容が思い浮かびますか?
 
実はマッサージ師には様々な種類があり、その種類によって必要になる資格や給料に違いが生まれるのです。
 
こちらではマッサージ師の種類から資格についてお伝えすると共に、未経験の方でもスタートさせられるのかと言った点まで具体的にご紹介いたします。
 
年齢を重ねてからマッサージ師に転職したいと考える方も多くいらっしゃるかと思いますので、ぜひ参考にしていただき今後の指針にしてみてください。

 

マッサージ師の種類は?


まずはマッサージ師の種類に関して。
 
マッサージ師は細分化すると非常に多くの種類に分かれますが、こちらでは代表的な四つのマッサージ師の種類についてお伝えいたします。
 
種類によって必要となる資格や行う業務内容に違いが生まれますし、内容が抽象的な種類まで見受けられますので、転職するにあたってどのマッサージ師を目指すのか検討してみてください。

 

あん摩マッサージ指圧師


「あまし師」と省略されて呼ばれることもあるあん摩マッサージ指圧師ですが、こちらは国家資格が必要となるマッサージ師です。
 
若年層の方がマッサージ師になりたいと考え、学校に通いながら知識と経験を得ようとするのなら、あん摩マッサージ指圧師を目指すのが一般的ではないでしょうか?
 
あん摩マッサージ指圧師の仕事内容は「あん摩」と「マッサージ」と「指圧」の3つに分けて考えられます。
 
あん摩は主に肩こりや腰痛などの悩みを、揉みほぐして解消する内容。
 
マッサージは器具や潤滑剤などを用いて、身体を擦る内容。
 
そして指圧は指で施術部分を圧迫し、コリをほぐす内容です。
 
それぞれを分けて考えることができますが、当然すべてを分けて施術を行うわけではなく、並行して行いながら来院されたお客様の不安を解消していきます。
 
施術の技術だけではなく、お客様が感じているコリや身体の不調を問診し、コミュニケーションを図りながら施術することになりますので、コミュニケーション能力も必要とされる仕事だと言えるでしょう。
 
ただ、法的にマッサージ師を名乗れるのはこちらのあん摩マッサージ指圧師だけとなりますので、本格的に手に職を付けて働きたいのなら、こちらを長期的な目で目指すのが最善と言えるのではないでしょうか。

 

整体師


次に整体師ですが、こちらはあん摩マッサージ指圧師とは違い、国家資格を必要としません。
 
無資格者でもできるマッサージ師と言えば分かりやすいのではないでしょうか。
 
もちろん民間の認定試験もありますし、無資格者だからと言って知識も経験もない人間が行えるわけではありませんが、整体師がサービスを行うお店は着々と増えている傾向にあるでしょう。
 
整骨院と間違えて考える方もいらっしゃいますが、実際には骨の形を整えるのではなく身体のコリをほぐす場所となりますので、整骨院とは仕事内容も施術内容も異なります。
 
働く方も利用する方も、最初の一歩を踏み出しやすい特徴が見られるのではないでしょうか。

 

リフレクソロジスト


リフレクソロジストという言葉が耳慣れない方も多いかもしれませんが、こちらも身体の不調を改善するサービス業の1つ。
 
足裏や手のひらにある反射区という箇所を刺激して、体内における血液の循環やリンパの流れを良くし、身体の調子を整える仕事内容となります。
 
特に足裏マッサージなどを受けたことがある方は、リフレクソロジストの仕事内容が想像しやすいのではないでしょうか?
 
足裏や手のひらにあるツボは、その箇所によって体内の器官における好不調が判別できますが、その箇所が反射区と呼ばれる箇所です。
 
その反射区をリフレクソロジスト特有の指使いで刺激することによって、自然治癒力や疲労回復、リラクゼーション効果をもたらしていきます。
 
西洋式と東洋式で施術内容が異なりますので、働くお店によって多少の違いがある点も覚えておいたほうが良いでしょう。

 

セラピスト


最後にセラピストについて。
 
「セラピスト」という言葉単体ではどういった仕事内容を実践するのか、明確なイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか?
 
言葉自体は整体師同様に便利な面が目立ち、色んな施術内容が包括されたような印象を抱きます。
 
アロマセラピストならアロマを用いたマッサージやリラクゼーション効果を目的としているでしょうし、精神療法や心理療法を用いたセラピーならメンタルセラピストと呼べるでしょう。
 
女性が多い印象がありますが、最近では男性セラピストしか在籍していないお店も少なからず存在し、働き方に男女区別がされない傾向が生まれています。

 

国家資格と民間資格について知りたい!

ご紹介いたしました種類以外にもマッサージ師の種類は見受けられますが、代表的な内容に絞ると以上の4つと言えるでしょう。
 
次にそれぞれのマッサージ師への転職を考えている方が、気になる点として挙げられるのが必要となる資格だと思います。
 
お伝えいたしましたように、国家資格が必要になるのはあん摩マッサージ指圧師のみとなります。
 
国家資格は厚生労働省・文部科学省が定めた養成校を卒業することが条件となり、その養成校も短大や専門学校が多い傾向にありますが、多くの方は専門学校を選んでいるのではないでしょうか。
 
卒業と同時期に国家資格の認定試験を受けて、合格すればあん摩マッサージ指圧師としての資格取得となります。
 
流れが美容師と同じで、専門学校に入学し卒業と同時に美容師資格を取得する形になりますので、そちらのほうが分かりやすい方も多いでしょう。
 
とはいえ、資格自体は合格率が八割を超えていると言われ、しっかりと学校で学んだ内容が理解できていれば高い確率で合格できると思います。
 
対照的に民間資格ですが、協会が開催している民間試験を受験したり、実務経験を積みながらスクールに通って資格取得を目指すのがベターと言えるのではないでしょうか。
 
極端な例となりますが、まったく経験がない方がいきなり開業し、整体師を名乗ってしまっても法的に問題があるわけではありません。
 
ただ、整体師やセラピスト、リフレクソロジストは知識と経験がすべてです。
 
あん摩マッサージ指圧師と違い、国家資格を有していないというだけで信頼度が低く感じられるのは消費者の観点から考えると当然と言えるでしょう。
 
その分、豊富な知識と経験で、適切な施術が行えないと整体師として評価されることはありませんので、念頭に置いておくべき点だと思います。

 

それぞれの具体的な給料などに関しては?


各職業に転職を考えていた場合、資格取得方法と同じかそれ以上に気になる点が具体的な給料ではないでしょうか?
 
転職して年収が低くなってでもやりたいと思えるのか、それともあくまで給料を上げるために転職を考えているのか。
 
人によって考え方は違うと思いますので、どの辺りに重点を置いて転職したいと考えているのか踏まえた上で、各職業の給料を参考にしてください。

 

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、ご紹介いたしました職業の中で唯一の国家資格取得者となりますので、当然その分給料は高くなると言えるでしょう。
 
ただ、あくまで国家資格を持って経験を積み、最終的に開業をして成功すれば給料も高くなるという認識を持っていたほうが良いと思います。
 
病院に勤務して働いて初任給は20万円前後、治療院なら20万円を切ることも少なくはありません。
 
もちろん能力が上がれば能力給をもらえたり、勤続年数に応じて昇給が有り得るかもしれませんが、収入をとにかく高めたいのなら開業してしまったほうが良いでしょう。
 
とはいえ、開業しても必ずしも年収が格段に上がるわけでもありません。
 
開業する治療院の立地や客入り、営業の掛け方に加えて当然経験から質の高い施術を行い、口コミで好評を得なくては成功したとは言えないでしょう。
 
すべて順風満帆に進めば、年収1000万円以上も夢ではないと思いますよ。

 

整体師

整体師はあん摩マッサージ指圧師と同様に、整体院やスポーツジムなどで人に雇われながら働いている状態だと、あまり高収入が期待できる仕事とは言えません。
 
初任給で20万円以上をもらえれば御の字と言えるのではないでしょうか。
 
また、経験を積む意味でアルバイトとしてスタートする方も多くいらっしゃいますが、歩合制であったり時給が安価である傾向にあります。
 
開業して成功すれば高収入が期待できますが、そのための下積み時代に大きな苦労を強いられると考えたほうが良いでしょう。

 

リフレクソロジスト

リフレクソロジストは働くお店の方針によって、収入に大きく差が生まれると言えるでしょう。
 
というのも、リフレクソロジストでも足裏専門のお店もあれば、足裏も手のひらもどちらも施術するお店もありますし、前述しましたように施術方法にも違いが生まれます。
 
その分、必要となる経費も異なってくるため、薄給で人を雇い続けているお店も少なくはありません。
 
民間資格を取れば月給も分かりやすく上がると思いますが、未経験で始めた際には月収16万円前後だと思っておいたほうが良いでしょう。
 
少なくとも年収が500万円を超えるリフレクソロジストはそうそういませんし、そこまでの技術と経験があるのなら独立開業できるだけの能力はあるのではないでしょうか。
 
働く地域によってはリフレクソロジストを雇っているお店が見当たらない地域もあるかもしれませんが、まずお店を探して経験値を積み、独立開業できるだけの技術を学んでください。

 

セラピスト

セラピストは業務内容が細分化できることから、担当する業務内容によって給料に違いが見受けられます。
 
例えば大手企業が運営しているサロンでセラピストとして働く場合、平均年収は300万円前後で、月収にすると20万円を超えるくらいだと言えるでしょう。
 
それが中小企業の運営しているサロンの場合には月収がゆうに20万円を切りますし、15万円前後しかもらえないことも少なくありません。
 
また、ホテル出張サービスをしているサロンでセラピストとして働いた場合には月収が高くなる傾向にありますが、それでも月収30万円に到達すれば良いほうだと思います。
 
店舗責任者などの管理職になればそれ以上も見込めますが、それでも年収500万円で頭打ちだと言えるでしょう。
 
加えて、開業してサロン経営をしても年収1000万円に到達するのは、4つの中でもっとも難しい職種と言えるのではないでしょうか。
 
設備投資に広告費用など、運営するにあたって多大なる資金が必要になりますので、開業してすぐに1000万円に到達するのは実質不可能だと思います。
 
長期的な目で顧客を少しずつ増やし、お店の評判を良くしていけば将来的には到達できるかもという程度でしょう。

 

未経験でも可能?ズバリお答えします!


さて、各種マッサージ職の業務内容から給料までご紹介いたしましたが、まったく各職業に関する経験がない方だと、本当に自分にできるのか不安に感じるのではないでしょうか?
 
未経験でも可能なのか、それとも不可能なのか。
 
この点は年齢を重ねている方程特に気にされる部分だと思います。
 
ズバリお答えいたしますが、未経験でもマッサージ師に転職することは可能です。
 
あん摩マッサージ指圧師ならまず座学から業務内容を学んでいくことになりますし、短期間だけ学校に通えば良いという簡単な道のりではありません。
 
その分専門性の高い知識が身に付きますし、実践を重ねていくのに十分な自信が得られるでしょう。
 
その他の民間企業に勤めてマッサージ師として働く場合でも、実際に働いている方の大半は未経験からのスタートです。
 
その中でも民間資格を取得して本格的にその道で生きていこうと考えている方は、さらに少なくなると言えるでしょう。
 
当然真剣に資格を取得して独立開業までを目指しているという熱意があれば、多少の年齢の差や未経験であるという事実は簡単に覆せると思います。
 
未経験でも40代や50代の方でも一から働き始められる環境がありますので、その点は明確なメリットと言えるのではないでしょうか。

 

独立も夢じゃない!未経験から独立までのストーリー


上記の内容をご確認いただいても、半信半疑で踏ん切りがつかないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
しかし、実際に私の知り合いには整体院に未経験で飛び込み、独立までこぎ着けて今現在まで継続している方がいます。
 
その方は20代半ばから整体院で働き始め、薄給であることから昼は整体院、夜に少し休んで夜中にアルバイトをして生計を立てる毎日を繰り返していました。
 
当然体調管理は大変だったと思いますが、時給1000円で働かなければ未経験を雇ってくれない環境だったことから、ハードスケジュールの合間を縫って働き続けたそうです。
 
そうして5年間働き続け、30代になったタイミングで独立開業を決意。
 
東京都出身だったことから地元で整体院を運営し、開業から4年経った今でも経営は大変ながらも順調だと口にしています。
 
20代半ばから経験を積み始めた関係から、決して年齢的に遅いとは言えません。
 
しかし、5年間経験を積んだだけで開業まで踏み切っていますので、単純に45歳の方でも50歳には開業できる計算になるでしょう。
 
必ずしも開業して運営が順調にいくとは言い切れませんが、それでも年齢的なデメリットや不安、未経験からのチャレンジが無謀ではないと感じられるのではないでしょうか?
 
彼のストーリーを参考に、ぜひマッサージ師としての新しい人生に踏み切ってみてください。

 

まとめ

マッサージ師として高い信頼度と年収を併せ持つのは決して簡単なことではありません。
 
しかし、ご紹介いたしましたように不可能でもないと思います。
 
国家資格を取得してあん摩マッサージ指圧師として活躍するも良いでしょうし、独立開業を目指して未経験から業界に飛び込んでも可能性はあるでしょう。
 
大切なのは転職してその仕事で生きていきたいと思える熱意です。
 
多くのお客様とコミュニケーションを図りながら、直接感謝されるやりがいのある仕事と言えますので、ぜひこちらの記事をきっかけとして転職を前向きに考えてみてください。
 
思い切って飛び込んだ結果、大きな成功を手にできるかもしれませんよ?