国際的に偉大な企業の求人ログ@igc2012

※当ブログの全記事は、https://www.coper.work/に移転致しました。各記事をクリック頂いた際の移転先URLでこれまでと同じ内容をお読み頂く事ができます。 引き続きのご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

転職や退職をした人必読の年末調整について!


皆様は現在転職活動中ですか?それとも再就職されましたか?
転職した後は様々な手続きがあって大変ですよね。
ここでは、その中の一つの「年末調整」についてお話させて頂きます。

  • 年末調整とは?
  • 源泉徴収票ってなに?
  • 年末調整が不要の場合や確定申告について
  • 社会保険料について
  • 手続きに必要なものは?
  • もし、手続きを期日内に忘れてしまったら?

などについて、わかりやすく解説させて頂きます。

 

 

 

 

転職したら年末調整はどうなるのか?


そもそも年末調整とは、という部分から先に触れさせていただきますね。
年末調整とは、住民税や所得税、社会保険料などを、その人の年収の見込みから判断して給料から天引きしていた税金などがありますよね。
その「見込み」で計算されていた納付額を、年末の収入が確定した段階で、正しい金額に調整することなんです。

では、転職した場合に年末調整はどうなるのか?についてですが、この場合2つのパターンが考えられます。

  1. 退職後、年末までに就職した
  2. 退職後、年末までに再就職しなかった


それではまず①の退職後、年末までに転職した場合について解説します。
年末までに転職された場合は、新しい就職先が年末調整をおこなってくれますので、心配ありません。

②の退職後、年末までに再就職しなかった場合は、自分で確定申告をすることになります。

どちらの場合も重要になってきますのが、「源泉徴収票」、こちらについて次で説明させて頂きます。
 

源泉徴収票を準備しましょう

源泉徴収票とは、給与・退職手当・公的年金などの支払いをするものが、その支払額および源泉徴収の額を証明するものとなっております。

これによって、新しい職場で、または確定申告時にどのくらい給与をもらっていて所得税をどれだけ払っていたかなどわかる訳ですね。

転職された方はこれを新しい職場に出さないと、新しい職場で頂いた給与分しか年末調整がなされません。
注意して、必ず出すようにしましょう。

もし忘れてしまった場合は、自分で確定申告をすることで空白の期間の還付を受ける事が出来ます。

 

年末調整が不要の場合と確定申告について

これは先程も申しました通り、新しい職場に年末までに就職していることになります。
そうでない場合は、確定申告をしてください。
期間は2月中句~3月15日までとなっております。

 

転職者の社会保険料について

転職者の年末調整や確定申告で、注意しなければならない点を上げておきましょう。
退職から再就職までの期間中は、国民健康保険や国民年金に加入することになります。
この保険料というのは、所得控除の中の社会保険控除に当たります。

ですので、それらを納めていた人は税金が安くなります。
年末調整や確定申告をする際には、それを証明できる書類を準備しておきましょう。
年末調整に準備が間に合わなかった場合は、確定申告をすることで税金が返ってきます。

 

手続きの際はマイナンバーのご準備を

平成28年度申告分からマイナンバーの記載が必要になりました。
「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」 には給与所得者本人、控除対象配偶者及び控除対象扶養親族等のマイナンバーを記載する必要があります。 

慌てず済むようにマイナンバーを準備しておきましょう。

 

もしも期間内に忘れてしまったら

「あれ?確定申告って必要だったのかな?3月15日過ぎてるし・・・まいっか!」
なんて思っていませんか?

住民税などは、その年の収入をベースに翌年の支払額が決定されます。
ですので、払い過ぎの可能性も出てくるんですね。

期日内に忘れたと思った場合、すぐ税務署に連絡をして、確定申告(還付申告)をしましょう。
過去5年にさかのぼって還付申告を受け付けてくれますので、控除の証明書類などは大事にとっておきましょうね。

 

終わりに

いかがでしたか?
普段は勝手に会社がやっててくれたことだからなじみが薄い人も多かったと思います。
今回出てきたキーワードでとにかく大事なのは「源泉徴収票」です。
年内で転職の場合、源泉徴収票を次の会社に提出すれば年末調整を行ってくれます。
各種控除の証明がある方はそちらも忘れることなく提出しましょう。

それでは、あなたの仕事が快適でありますよう。